本文へ移動

読み聞かせの時間

概要

約3000冊の絵本や紙芝居があります。テレビ等による保育は一切せず、保育士による読み聞かせを多くします。月に2回図書館司書の先生による読み聞かせの会を実施しています。楽しい素話や手遊びも子どもたちが楽しみにしています。

写真

9月29日  運動会の絵本、素話「おむすびころりん」、紙芝居、絵本、なぞなぞをしていただきました。4,5歳児は素話の楽しさが次第にわかってきたようです。

写真に写っているのは、ほんの一部で、小さな絵本から大きな絵本、紙芝居まで、たくさんあります。

0歳児から5歳児まで、みんな絵本が、とっても大好きなんです。
みんな静かに絵本の世界にひたっています。
寒い季節の読み聞かせは、温かいストーブの前で。
ほんわり暖かく、穏やかな気持ちで過ごします。

絵本の紹介

父の日(家族の日)を前に家族という認識を深めてもらおうと思い選びました。簡単な文章とポップな絵柄で子ども達にも好評でした!!
いもとさんの絵が大好きです。内容的には3才以上が良いようです。してはいけないことを優しく教えてくれます。
小林響子先生 選 :「うちのきんぎょ」文:谷口國博 絵:村上康成
 
水槽の中の金魚の気持ちになって泳いだり考えたりする絵本です。ほのぼのしたストーリーの中で自分が金魚になったみたいで楽しくなります。最後のオチに子ども達もニタッとしてしまします。
小林響子先生 選 :「きいろいしかくちゃん」デビット・カーター 作 
色彩の豊かさ、仕掛けの巧妙さに惹かれました。仕掛けの中には、ビックリするものや、かくれんぼ遊びもあって楽しさ満載です!!この楽しさを子ども達にも感じてほしいと思い選びました。

社会福祉法人 円和会

幼保連携型認定こども園

おおぞら認定こども園
〒824-0061
福岡県行橋市草野135-3
TEL.0930-24-5556
FAX.0930-24-2026


 
5
9
3
4
5
0
TOPへ戻る